トップイメージ

使用レシートの所持義務はないのだろうか?答えからまず述べると義務は特にない。79-20-116

個人によっては保有することで自らが決済した中身を残したいという場合であれば残しておけばよいだろうし、逆に言うとそれらの証跡は無くても困らないというのであれば保管しておく必然性はないと言えます。79-3-116

しかしながら送付されてくる利用履歴との確認の時には上述の明細レシートが不可欠なのです。79-2-116

そこまで少なくとも保管していなければどのショップでいつ頃いくらくらい利用したのか?ということがわからなくなるだけでなく、誤った請求の他重複した請求がないかの照合も不可能になるので危険なのです。79-1-116

特段クレジットカードを使った金額については明細レシートを保存していない限りは覚えておくことはできないはずです。79-5-116

理想を言えば明細書が手元に届く1ヶ月か2ヶ月まではしっかりレシートを捨てないようにしたほうがよい。79-19-116

クレジットのレシート破棄の方法●カードの利用レシート処分法は超簡単なのです。79-4-116

人に不正使用されないよう、細かく裁断して破棄するだけで大丈夫。79-14-116

市販のシュレッダー等が自宅で使えるならば使うのもありでしょう。進学塾 松江市 出雲市

クレカの使用内容を証明しているレシートなのだからクレジットカード番号など、機密情報の内容について特定できるデータがとても多く記載されているのです。79-9-116

所詮利用レシートと油断せず処分は用心して行うべきでしょう。

尚、犯罪防止の意味でクレジット番号といった個人情報が表記されていない場合も出てきているが信じ過ぎることは禁物であると思います。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.sakre-ns.com All Rights Reserved.