トップイメージ

自動車の損害保険には任意保険と自賠責保険といった2個のタイプがございます。77-18-116

任意保険、自賠責保険の双方ともにまさかの事故に遭ったときの補償に関するものですが、条件は細部において異なっているといえます。77-16-116

二つの保険を見比べると補償が可能な事象が多少一様とはいえません。77-9-116

※相手に対しては任意保険・自賠責保険によって補償できます。77-5-116

※自分へは、<任意保険>のみによって補償されるようになっています。77-1-116

※自分自身の財産においては、「任意保険」のみによって補償されるよう取り決められています。77-7-116

自賠責保険単独では、自分への手傷や車両についての補償などの支援は享受できません。77-10-116

続いて相手方への補償などのサポートですが自賠責保険については死亡してしまった時は最高額で三千万円・障害が残った場合最大額で4,000万と決められているのです。77-11-116

しかし実際の賠償額が前述した値を凌駕することは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。77-2-116

またさらに事故の相手方の所有する自動車・家を破損した場合に関しては事故を起こした者によるまったくの自己負担となるという決まりです。77-4-116

ですから任意保険という制度が必要となるのです。

危害を被った者に対する救助に重点を置く任意保険ですがそれとは違う内容が用意されています。

※事故の相手に対しては死亡時ないしはケガのみならず乗用車もしくは建築物というような所有物を賠償します。

※自分自身に対しては一緒に乗っていた者も加えて、死亡時もしくは傷を賠償します。

※自己の私有する財産については、車両を賠償してもらえるのです。

数々の面における補償が充実しているのが任意保険が持つ最大のストロングポイントです。

保険の料金の支払いは欠くべからざるものとなってしまいますが相手のためにも愛車に安心して乗りたいのであればぜひとも任意保険というものに申し込んでおくとよいでしょう。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.sakre-ns.com All Rights Reserved.