トップイメージ
子育てを行う時、主に母親が中心となって行っていくことになります。 ただ、母親だけで育児をしていると、どうしても子と親の関係が濃密になってしまい、問題が出てくる場合も多くなっているのです。 母親が子供に甘くなってしまうと、子もわがままに育ってしまいますし、子供が性格的に気難しかったりした場合、母親が責任を感じ育児ノイローゼになってしまう場合もあるのです。 子供と母親の健全な関係を保つためには、周りの大人が積極的に育児にかかわっていく必要もあります。 特に、父親が育児にかかわった場合、母親の精神的、肉体的な負担も少なくなってきますし、しっかりとしつけを行えるようにもなってきます。 また、祖父母やおじさん、おばさんなどの親戚と触れ合うことにより、人見知りをしない子供に育っていきますので、大人になった時に他の方とスムーズにコミュニケーションが取れやすくもなってくるのです。 このように、小さなころから多くの人々と接することも大切になるのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.sakre-ns.com All Rights Reserved.