トップイメージ
 どんなにベテランの読書家であったとしても、1冊が500ページを超えるような小説を読むときというのは、ちょっと身構えてしまうと私は思います。一概にはっきりしたことを言えるわけではありませんが、だいたいどの小説も200ページから500ページ以下の小説が多く、そのくらいが小説の一般的なページ数だと私は思います。  小説を読む前というのは、その小説がどんな内容なのかわかっていませんから、正直そうした500ページを超えるような小説というのはあまり私は乗り気がしません。それは「こんなにページ数が長い小説を、モチベーションを保ちながら読み続けることができるだろうか」という不安が頭を過ぎるからです。  しかし、経験上、小説のページ数というのは、多かろうが少なかろうが小説を読むモチベーションにはあまり関係ありません。それよりも、どれだけおもしろいかどうかがモチベーションを左右するからです。ただ、そうとわかっていても、やはり500ページを超える小説にはちょっと身構えてしまう自分がいるのです。

リンク

Copyright © 1998 www.sakre-ns.com All Rights Reserved.