トップイメージ
直接商品を買うのでないクレジットの進め方は簡単です。カードで直接払えないものをストレートに取引するという事ではなく遠まわしに取り寄せしたらよりよいでしょう。文章が明快なので券のモデルを採用して表現してみたいと考えます。モデルになる若者が価値のあるカバンを使いたいと思っているようです。持ちたい有名な銘柄のアクセサリーを取り扱っているショップでは買いたくてもクレジットで払う事ができないのです。しかしながらMasterCard、NICOSなどのギフトカードを用いるなら払う事を承諾してくれるといいます。なのでモデルになる若者はクレジットカードを使用して商品券を買い取りしてしまってギフト券のを売っている店舗に訪ねクレジットカードを使用してDiners clubなどののギフト券を発注してみます。そのあとクレジットカードを利用して取引したDiners clubなどのギフト券を売店に所持して訪れ買いたかった価値のある財布を注文したとします。「一体なぜその人はそんな手の込んだ手法をする必要があるの?」と疑問に思う可能性があるかもしれませんが、実のところ先ほど示した手段を使用するなら本当得られることのなかったクレジットポイントがつきます。通常、お金を支払う事で価値のあるコートを購入したりしてもカードポイントはつきませんしVISA、American Express、NICOSなどの金券を現金で買い付けして用いてもクレジットポイントはつきません。けれども今話した事ではVISA、NICOSなどの金券をカードで買い取りしたという根拠で、価値のあるアクセサリーを買い取りしたときと等しい分だけカードポイントが手に入れられるという事なのです。これが遠まわしにクレジットカードを用いた事になっているという根拠で直接的でないカードと呼ばれる手法です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.sakre-ns.com All Rights Reserved.