トップイメージ
自動車保険には任意保険および自賠責保険の2個の種別が用いられています。自賠責保険、任意保険ともに自動車事故など遭遇した場合の補償を想定したものですが条件は少々異なっているといえます。二つの保険をよく見ると補償の対象となる条件が違ってきます。事故の相手には任意保険、自賠責保険どちらでも補償されます。自分自身へは<任意保険>のみで補償します。自己の財産においては『任意保険』のみで補償されます。自賠責保険それのみでは自らへのケガあるいはクルマについての補償などの支援は受ける権利がありません。続いて相手に対する賠償などのサポートですが自賠責保険ならば亡くなった場合は最高額で3000万円、障害を負わせてしまった場合最大額で四〇〇〇万円というように決まっています。しかし実際の賠償額が上記の金額を超えることは結構な頻度で起こり得ます。さらに続いて相手方の所有するマイカー・建築物を破損した場合加害者の全くの自己賠償になるという決まりです。そういった負担を防ぐため任意保険という制度が必要となるのです。害を被った人のサポートに重点を置く任意保険というものにも実は、それとはまた違う機能が存在します。事故の相手方へは死亡時またはケガのほか愛車・家屋といったものの私有財産を補償してくれます。自分自身に対しては、一緒に乗っていた人も対象として死亡時あるいは怪我を賠償してくれるのです。自己の財産に対しては、車両を賠償するのです。このようにあらゆる面について支援が安心できるものであるということが任意保険のストロングポイントです。月々の掛金の支払いはもちろん必要となってしまいますが事故の相手のためにも自分自身を守るためにも車に乗るならぜひとも任意保険に申し込んでおくに越したことはありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.sakre-ns.com All Rights Reserved.