トップイメージ
実家が比較的外食を好んでいたため、小さい時から週に一度は必ず外食へ行っていました。母親が働いていた事もあってだと思いますが、その週に一度の外食がとても楽しみにしていたのをとてもよく覚えています。 私が子供の頃は、外食は一種のレジャー感覚でした。今のようにレジャー施設が充実していた時代ではないので、休みと言っても家族でどこかへ出掛けるという機会はそれ程多くなかった代わりに、外食は家族で行う遊びの延長だった気がします。 特に、デパートへ出掛け大人の買い物に散々つき合わされた後の最上階のレストランでの外食は一番の楽しみでした。 そこで最初はお子様ランチを頼んでいたのが、時が経つにつれ、親と同じような物を頼むようになった時、自分が大人になったと感じたりしたものです。 今の外食と言えば、ファミリーレストランが主流なのでしょうが、私が子供の時の外食と言って思い出すのは、やはりデパートの最上階で食べたラーメンやパフェです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.sakre-ns.com All Rights Reserved.